イボ対策の化粧品で解消する

35歳から首に老人性イボがたくさんできた!5つの対策

イボ対策の化粧品で解消する

イボを自分で除去する化粧品には主に2種類のタイプがあります。
1つは杏仁油などのオイル系で保湿を保つ方法、もう1つはヨクイニンが配合されているクリームタイプです。
どちらもイボ対策として売られているものですから、その特徴をよく把握しながら選んでみてください。
まず杏仁油などオイル系の特徴を紹介します。
これらの商品は肌に保湿を与えて、新陳代謝を正常にする作用が期待できます。
特に杏仁油の場合は肌を柔軟にし代謝を上げる力が強いとし多く採用されているようです。
特にこれといった希望が無ければスクワランやオリーブオイル、ホホバオイルなどどれを使っても問題はありません。
ただ杏仁油はイボ専用として売られていることから、その効果は高いということができるでしょう。
コツは入浴中や後にたっぷりとオイルを塗り、蒸しタオルで肌を柔軟にする方法です。
肌の乾燥が改善され、代謝が良くなるとイボも除去しやすくなります。
次にヨクイニンが入っているタイプです。元々ヨクイニンは漢方薬としてイボ治療に利用されてきた経緯を持ちます。
化粧品として配合されているものはどのくらいの量が入っているか確認しましょう。
また、他の美容成分で肌を柔軟にし乾燥を防いで代謝を上げる効果も期待できます。
クリームタイプのほうがピンポイントで塗れるメリットがあります。

 

 

まとめ

イボ対策の化粧品は沢山売られています。美容効果も得ながら広範囲に塗るならオイル系、ピンポイントで少量のみ使うならクリームタイプをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ