液体窒素で取る

35歳から首に老人性イボがたくさんできた!5つの対策

液体窒素で取る

イボを液体窒素で除去する方法は、昔から利用されていた方法で一般的なものです。
液体窒素は−196度とかなり低温のため、これを綿棒などにつけ患部を直接凍らせることができます。
イボは急速に冷却され、1週間や2週間くらい経つとかさぶたに変化します。これが除去できればイボが取れるわけです。
一種の低温やけどを人工的に作り、イボの部分だけ取り除くという方法です。
この治療の方法は我慢できる痛みだったという人もいれば、猛烈に痛みがあったという人もいます。
火傷を起こして治療する方法ですから、痛みがあるのも当然でしょう。
ただしそれ程痛くなかったという人もいるため個人差があるのかもしれません。
回数を重ねるごとに痛みは強くなりがちで、1回で除去できるイボならそれ程痛まない可能性があります。
また、液体窒素は保険が適用されるため安価な費用で除去できます。安くて直ぐに取れるのがメリットでしょう。
ただしイボが大きい場合は、数回治療を繰り返さないと根が残り、再発する可能性があります。
イボが大きくなるようならレーザーを選択するのも良いでしょう。どちらかというと小さいイボに便利で、費用を抑えたい方向けの治療方法です。イボが大きすぎると色素沈着し跡が残る面も考慮が必要です。

 

 

まとめ

液体窒素は安く簡単に取れることから多くの皮膚科でも採用しています。イボができ始めなら直ぐに取れる可能性が高いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ